治療の停滞させないために

1.痛み治療の進め方 〜治療を停滞させない為に〜

更新日:

clinical reasoning1治療を進めていくうえで、治療者として今現在、何を目的としてどういった行動をとっているのか?今解決すべき問題が解決すれば次は何を考える必要があるのか?などをしっかり考える必要があります。

それを忘れて患者に「サービスを提供しなければ」と必死になると、適切な治療関係は築けなくなってしまいます。今回は、治療をすすめていく上で私が大切にしている事を稚拙な文章で綴っていきたいと思います。

 

気付くと、同じ治療プログラムをなんとなく続けてしまっている現状

治療関係がスタートすると最初は上手くいくかもと思っていた患者に対して、気づくと一時的な効果しか出すことのできない治療プログラムをいつまでも続けてしまい治療は同じ事の繰り返しで、いつの間にか治療は停滞していき何の為に治療をしているのかが不明確になっていく事があります。

患者も治すために治療に通っているのではなくなり、「何曜日と何曜日の何時が私のリハビリの日」といった趣味の習い事に毎週行くのがあたりまえかのような感覚になってる場合があります。

こうならない為には患者との治療関係がスタートした時から、段階毎に解決すべき課題をしっかり把握しておく必要があると思っています。私自身は以下の事を常に忘れないように心がけて治療にあたっています。

  1. 適刺激は何か?
  2. 適刺激を入れる頻度は?
  3. 患者自身で適刺激を入れる(自己治療)方法は?

これだけではありませんが、この三項目は非常に重要だと思っています。適刺激を見つけるには適切な評価が重要になってきますから、適刺激を見つける事は簡単な事ではありません。ここでは、患者の症状に変化(改善)を起こさせる刺激を適刺激と呼んでいます。

本記事では、適刺激を見つけられたと仮定して話を進めていきます。また、疾患が何(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)であるかや、腰痛の原因が何であるかは問わず、徒手療法をどのように行っていくかを書いています。

重要なのはここからですが、適刺激が見つかっても単純に治癒には至らない事が多いという現実にぶち当たった時にどう行動するかです。

治療直後の患者は、症状の変化に喜び、もう治るものだと思い込んで病院・治療院を後にします。しかし、また来院した際に患者が話す事は「結局まだ痛いよ。腰の痛みは全然良くなっていない。」といったことだったりします。

この時にやるべき事は、患者に適刺激を与え再び一時的な満足感に浸らす事ではないはずです。ここで治療者が確認しなければいけない事は「どの程度、治療効果が持続したか?」です。

持続がみられる場合は今行っている手技を繰り返して、二回目の治療以降もそのまま改善がみられるか判断していけば良いのですが、持続がみられない場合にはさらに良質の適刺激を探す(ここに関してもおいおい記事にする予定です)か、効果が消失する前に今用いてる治療刺激(現時点での適刺激)を繰り返す方法を探すかだと思います。

前回行った治療手技(適刺激と思っている手技)が本当に価値ある手技かを見極める為に、もう一度同じ事を行ってみる事は重要な事だと思います。しかし、結果が見えて再確認する必要がなければ同じ事をする価値はありません。

ここでの選択肢として治療時間を増やす、治療頻度を上げる、さらなる手技を加えるといった行動は後に患者も治療者も苦しめる事になりやすいので注意が必要です。患者は自分の体を他人に治してもらおうととっている行動そのものが本来は異常であり、その行動を強化してしまいます。

セラピストは他にも多くの患者を担当しており時間的にも労力的にも負担が増えます。ですので、私はこの増やす、上げる、加えるといった方法をできるだけとりたくありません。

また、新たな適刺激を探すのは、現在用いている手技が患者にとっての相対的にベストな手技(最適刺激)である可能性もある為、この段階での諦めは時期早々(代表的なリーズニングエラーの1つとされています。)の可能性があります。

ですので、この刺激は価値がないと判断できるまでは、現在の手技にこだわる事は非常に重要だと思います(この件についても後日記事にします)。

長くなりましたが、私自身が大切だと思う事は、治療者が行った適刺激と同等の事を患者自身ができるか?です。ですので治療手技の再確認さえすれば同じ事をする必要はなくなります。

仮に良くなったとしても、来週には、同じような痛みがあるといって同じような場面に出くわす事が想像できるからです。ですので、適刺激が見つかった後は、同等の効果を出せる自己治療法を一緒に見つけていく事が課題となり、その自己治療法を症状が復活する前のタイミングで患者自身で行って頂くのです。

普段用いている手技が特殊なセラピストは、この場面においてかなり不利です。セラピスト同士でも真似のできない事を患者に求める事は困難だからです。

特殊な手技を学ぶ事も重要かもしれませんが実用性の方を重視すべきと考えており、手技そのものは勘弁短時間誰でもできる一見大した事ないような手技こそ強力な武器になると考えています(私が考える、「手技が持っているべき・持っていると有利な特性」についても今後、記事にし、そこで詳細を書いていきたいと思います)。

(私が時々用いる手技と自己治療(セルフケア法)を一例として記事にする予定です。しばらくお待ち下さい。)

患者自身にしっかりと自分の体に対する責任をもって頂き、その補助をセラピストが担っているだけなのです。これをしっかり行う事ができれば、治療関係はスムーズにいく事が多いと実感しています。 是非、治療関係が漫然と続いているなと思う部分がある方は上記の3つを意識してみると変わるかもしれません。もし、変わらなかったらすみません。

 

最後に

クリニカルリーズニング(臨床推論)が、疼痛の原因組織を探していく事や、治療手技を選択する為の単純なフーローチャートに従うものではないという思いがあります。また、徒手療法(マニュアルセラピー)に限らず、臨床場面での全ての問題解決能力に関わるものだと思います。

そこで私自身が大切だと考えるクリニカルリーズニングを伝える為に「まずは!」と、この記事を書いてみたのですが、これだけでは説明しにくい事や、関連する内容がまだまだあり十分に説明できていないなと思いました。その部分が「後日記事にします」と書かれている箇所になります。

沢山あって申し訳ありませんが、まずはこの記事から派生していくように関連する記事を書いていきたいと思います。完成したらリンクをつけて閲覧しやすいようにする予定です。

もっと詳しく触れてほしい部分があれば、いつでもコメントにてリクエストをお待ちしております。長文になってしまいましたが、最後まで閲覧して頂きありがとうございました。

次の記事→ 2.適刺激の見つけ方その1  適刺激についての解説

スポンサーリンク

最新版 リハビリ転職サイト ランキング

失敗しないリハビリ転職サイトランキング

-治療の停滞させないために
-

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.