理学・作業療法士学生の国試対策

理学療法士・作業療法士学生の国試対策のためのページです。

養成校の入学時は、基礎的な事ばかりを学び、実習前や実習中でやっと臨床に関わる勉強を行うようになって、臨床の面白さを肌で感じれるようになると、それ以降の臨床に関わる勉強はとても面白く感じるようになると思います。

私自身、臨床というものを実習を体験する事で感じた時が最も勉強を頑張った時かもしれません。

そして、実習を終えて、「より、理学療法士になった時のために、これからさらに頑張るぞ!」と意気込んだのですが、目の前に立ちはだかるのは、国家試験であり、とてもつまらない国家試験対策でした。

私自身は、勉強が苦手な方ではありませんでしたが、臨床で学ぶ事の面白さを体験してから、臨床とは直接繋がらない勉強はとても苦痛に感じるようになりました。

基本的には、1・2年生の頃にやった基礎的な事ばかりを勉強するので、実習中に学んだ事が直接生きてくるわけではありません。

もう一度、基礎に戻り今まで学んできた事を復習する事が必要になってきます。

このシリーズは、国家試験対策を控える理学療法士・作業療法士養成校の最終学年の学生へ向けた国試対策専用ページです。

国家試験を控える皆さんにとって有益な情報を提供できるものにれれば幸いです。現在、以下の記事が完成しています。

スポンサーリンク


更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.