理学療法士・作業療法士、治療家向けの案内

たなはらの勉強部屋

たなはらの勉強部屋

痛み治療の臨床で学んできた事を「たなはらの勉強部屋」というブログで公開しています。

主な内容は、痛み治療の考え方や、痛み治療場面での臨床判断(クリニカルリーズニング)、腰痛に関する知識、徒手療法(マニュアルセラピー)に関する知識となっています。

Twitter

Twitterの方では、痛み治療に携わる専門家向けの情報発信を行なっています。理学療法士や作業療法士、その他・痛み治療に関わるセラピストにおすすめです。


腰痛専門サロンたなはら公式Twitter

boooo_boo_jp(腰痛専門サロンたなはら公式Twitter)のツイートを確認する事ができます。 Twitterの方では、主に理学療法士や痛み治療に携わる治療者などの専門家向けの内容を発信してい ...

続きを見る

腰痛専門サロンたなはら小規模勉強会

現在、申し込み受付中の勉強会はこちら▽


理学療法士(※現職者・PT3年目以上)小規模勉強会のお知らせ

「腰痛患者に対するパターンリーズニングと筋膜への介入」   【勉強会の内容】 勉強会の基本的な内容▽ 疼痛検査 自動運動評価 他動運動評価 オーバープレッシャーテスト 筋膜・関節に対する試験 ...

続きを見る

医療職・治療家向けのリンク集(準備中)

  • 沖縄県民の為の健康情報サイト【めでぃまーる.net】

整体・治療院運営者向け

  • 現在、準備中です。もうしばらくお待ち下さい。

カテゴリ一覧

no image

筋膜リリースを行う方向を判定する評価法の解説(筋膜を四肢のROM制限パターンで評価する方法)

筋膜を評価しようと思った時に、一般的な方法としては、姿勢観察や、触診、症状から、筋膜の異常の存在を推察する方法がありますが、この方法では不十分だと考えています。 筋膜の評価に姿勢観察・分析を用いる問題 ...

筋膜に歪みが起こると離れた部位に痛みが出る

こちら(△)は、筋膜の異常を説明する有名なイラストです。 筋膜の異常には筋膜リリースが良い? 筋膜リリースのことを歪んだ筋膜を伸ばす新しい治療法などとテレビの健康番組や、健康雑誌などで紹介されているの ...

筋膜の評価に姿勢観察・分析を用いる問題点

筋膜の異常はレントゲンやMRIなどの画像検査では抽出できず、直接的な評価が難しい組織です。 さらに、機能的な変化(機能障害・機能異常)についても同じで、評価する方法としてコンセンサスが得られている方法 ...

前かがみ時の腰痛と階段を降りる時にふくらはぎが痛む40代女性への筋膜マニピュレーション|症例報告

腰痛と右ふくらはぎ(下腿後面)の痛みを訴える40代女性に対し、筋膜を想定した介入(筋膜マニピュレーション、筋膜リリース)により大幅な改善が見られたので、初回介入から終了までの経過を報告させて頂きます。 ...

筋膜の異常(癒着、凝り、高密度化)を正常な状態に戻す

「筋膜」に焦点を当てた治療法に、筋膜リリースや筋膜マニピュレーションという徒手療法の技術があります。 これらの治療技術をシンプルな言葉で説明すると、筋膜を異常な状態から正常な状態に戻すための技術となり ...

Copyright© 腰痛専門サロンたなはら【沖縄】 , 2018 AllRights Reserved.