沖縄・浦添市のプライベートな腰痛専門サロン ※完全予約制

沖縄の腰痛専門整体【腰痛専門サロンたなはら】

【沖縄 浦添】バークレーズコート・浦西中学校近く
病院以外で理学療法士の施術が受けられる腰痛専門サロン

平日:月〜金曜日 10:00〜20:00(受付19:00)
※ 定休日:土曜・日曜・祝祭日

平成30年9月より新しいホームページへリニューアル致しました。

腰痛専門サロンたなはら 新HP

理論と技術 腰痛治療と腰痛リハビリの基礎知識

筋膜に歪みが起こると離れた部位に痛みが出る

更新日:


こちら(△)は、筋膜の異常を説明する有名なイラストです。

筋膜の異常には筋膜リリースが良い?

筋膜リリースのことを歪んだ筋膜を伸ばす新しい治療法などとテレビの健康番組や、健康雑誌などで紹介されているのを見かける事が時々ありますが、筋膜に歪みがあるとどういう問題が起こるのかについては、しっかりと説明されていない場合がほとんどです。

ユーチューブなどでは、「筋膜はがしで、硬くなった筋膜をほぐせば腰痛は治る!」と、腰や臀部のあたりに強いマッサージ(とても筋膜リリースをしているとは思えない)をしながら解説しているセラピストもいました。

しかし、筋膜の異常を考慮した介入というのは、それほど単純なものではありません。

硬くなっているところ・痛むところをマッサージするというのは従来から一般的にも行われている普通のケア方法であり、この行為を筋膜リリースとか、筋膜◯◯と呼び方を変えるのは、言葉遊びをしているに過ぎません。

 

筋膜リリースを用いる際の重要な視点

なぜ筋膜リリースという施術方法がここ最近になって大きく注目されるようになったかというと、

筋膜は全身を覆うように存在しており、どこかに歪みが起こると、そこから離れた部位に痛みを起こすメカニズムが存在していて、

「これまでの痛いところを揉みほぐす方法では改善させきれなかった症状の中に、筋膜の異常が関与しているものが含まれている可能性がある。」

という事がより認知されるようになったためと私自身は考えています。

 

では、どのようなメカニズムで、他の部位同士がどう影響しあって、離れたところに痛みを引き起こすのかをイラストを用いて簡単に解説させて頂きます。

下の図は、筋膜の歪みによって離れた部位に問題が起こる可能性を説明するために、最初に紹介したイラストに私が勝手に手を加えたものです。

イラストでは、右肩と左膝に筋膜が硬くなっている状態が描かれています。(青部分)

この筋膜の異常がみられる箇所に引き寄せられるように、周囲の筋膜が引っ張られています。(黄色矢印)

筋膜の硬さが起こると、歪みは全身へと波及し、特に頑張りすぎている箇所を優先に痛みを起こし始めます。(赤部分)

イラストの方では、右膝・左腕、右側頭部に痛みを引き起こしています。

でも、問題の根本は青色で示した、右肩左の太ももにあります。

いくら、右膝を揉んでも、左腕をストレッチしても、右側頭部をマッサージしても症状は一向に改善しません。

 

これまでの、「痛いところ・硬いところをほぐす治療」で効果が出ていない場合、筋膜の歪みに着目する必要があります。

つまり、痛みが出ていない場所に問題が隠れていないか考える必要があるわけです。

 

筋膜の歪みが実際に見えるわけではない

ただし、筋膜の歪み自体は、イラストのように目に見えるものではありません。

ツイッターの方でも紹介させて頂きましたが、あくまでもイメージしやすいようにしたものにすぎません。

そして、この歪み方は人それぞれで、

歪みの結果引き起こされる、離れた部位の痛みがどこに出るか、についても人それぞれです。

紹介したイラストのように、右肩周辺に起こった筋膜の異常が、左腕や右側頭部へと影響する人もいれば、腰痛として現れる人もいます。

その人が頑張りすぎている場所が優先的に歪みの被害にあっていく傾向はあると思いますが、

私自身の経験の範囲内になりますが、それでも一見まったく関連性のなさそうな部位に起こる事も決して珍しくはないと感じています。

 

筋膜の異常の有無を判断する方法として、個人的にはいくつかの方法があると考えているのですが、そのうちの一つの方法としては、

 

イラスト青色部分(筋膜が硬くなった箇所)に強い治療を行うと、動きやすくなる変化を実感するが、赤色部分(実際に痛みが出ている箇所)に強い治療を行うと、いわゆる揉み返し、数日間の悪化など、悪い反応がみられる。

 

という考えのもと、痛む部位への治療によって、良い反応が出るか・悪い反応が出るかを見極めるという方法があると考えています。

 

つまり、結果論になってしまいますが、施術後の経過をみていく事で、痛むところが痛むところだけの問題なのか、痛むところが違うところからの影響なのかという事を考えるための判断材料になります。

 

筋膜リリースの難しさ

筋膜リリースの難しさは、

筋膜がどのように歪んでいるか見抜く事

これにつきます。

筋膜をほぐす事自体は決して難しいテクニックではありませんし、
手が届くところであれば、特別な道具も使わずに素人でも、ある程度は自分の手でケアする事もできます。

ただし、どのようにやれば良いかは人それぞれが抱える問題(歪み方)によるので、どのようにやるべきかについては一般論として説明するには無理があります。

繰り返しますが、筋膜リリースが難しいのは、筋膜がどのように歪んでいるかを見抜く事です。

 

もし、痛む場所をいくらストレッチしても、マッサージしても効果が出ない場合は、筋膜の異常に精通したセラピストに一度みてもらう事をお勧めします。

もちろん、筋膜だけが問題ではありませんので、強い症状がみられている方で、一度も診察を受けていない方の場合は、まずは整形外科クリニックなど適切な医療機関へ受診する事をおすすめします。

痛む部位について、整形外科医による診察や一定期間のケアを受けたにも関わらず、「痛みが変わらない」「なかなか良くならない」という方は、筋膜が問題かも?と原因追求の次のステップとして筋膜の異常を考慮に入れると良いと思います。

ちなみに、今回紹介したイラストのような歪みが現れている人の場合の筋膜リリースは、下のイラスト(PCだと右側のイラスト)の赤矢印の方向に(垂直方向への指圧ではなく、皮膚を伸ばすように平行に)筋膜リリースを行ない、歪みが戻っていくように働きかけます。(細かい方向性については、施術後の反応を見ながら修正する事になります。)

右肩と左の太もも部分(青色)に対しては、原因になっている硬い箇所の柔軟性を出すための指圧刺激などを行う事になります。

 

筋膜の歪みの評価方法が気になるセラピストの方々へ

先ほど説明した筋膜の異常の有無を結果的に判断する方法として、施術後の経過をみる事をあげましたが、決して行き当たりばったりの評価ばかりをしているわけではありません。

「筋膜の歪みをどう評価していくか?」についての専門家・セラピスト向けの記事を、現在、書き始めてはいますが、実際の方法を説明するとなると、分かりやすく説明するのが難しくて、相当な時間がかかりそうな印象です。

(上手く書けた場合は、ツイッターとかで紹介させて頂きたいと思います。)

一応、「従来の疼痛部位・触診(圧痛)・姿勢などから筋膜の異常を推察する評価方法はあまりおすすめできない」という内容の記事を書いていますので、まずはそちらを先に読んで頂けたらと思います。

 

本記事「筋膜に歪みが起こると離れた部位に痛みが出る」最後に、、、

ここでは、原因と違う部位に症状を起こす可能性がある組織として筋膜だけを取り上げて解説していますが、筋膜だけが重要な治療対象という事を説明しているつもりはなく、あくまでも、痛い場所を揉みほぐす行為で効果が出ないなら次のステップに進むべきという視点の先にある選択肢の一つです。

セラピスト向けに筋膜リリースや筋膜マニピュレーションについて書いた記事もあるのでよろしければ、合わせてご確認下さい。

 

 

 

痛みは死よりも恐ろしい

身体の痛みは、本人にしか分かりません。
もし、医師から「特に異常はありません。」と言われれば、家族や周囲の人々に、この苦しみを理解はしてもらう事は難しく、この苦しみと独りで戦い続けなければなりません。

もし症状が長引けば、徐々に「痛み」に生活が支配されはじめ、少し良くなったとしても今度は「再発」という不安が襲ってきます。

痛みによって何かを諦めたり、過度に外出を恐るようになったり、
中には、慢性的な痛みによって生きる事を諦めてしまった方もいます。
「痛みは死より恐ろしい。」という言葉は、痛みによる苦しみを妙実に表しています。

腰痛専門サロンたなはらは、痛みによる苦しみを抱える方々の力になりたいと考えています。

当サロンは、どのような身体の不調でも治す事ができる施設ではなく、医療機関でもありません。
しかし、痛み治療に長年携わってきた理学療法士として、今も苦しんでいる方々の人生が変わるきっかけとなれるよう、全力で施術にあたらせて頂いています。

当サロンの紹介と代表あいさつ

療法士向けの記事下

 

医療職の転職サイト メディコネクト

 

平成30年9月より新しいホームページへリニューアル致しました。

腰痛専門サロンたなはら 新HP

-理論と技術, 腰痛治療と腰痛リハビリの基礎知識

Copyright© 沖縄の腰痛専門整体【腰痛専門サロンたなはら】 , 2018 All Rights Reserved.