沖縄・浦添市のプライベートな腰痛専門サロン ※完全予約制

沖縄の腰痛専門整体【腰痛専門サロンたなはら】

【沖縄 浦添】バークレーズコート・浦西中学校近く
病院以外で理学療法士の施術が受けられる腰痛専門サロン

平日:月〜金曜日 10:00〜20:00(受付19:00)
※ 定休日:土曜・日曜・祝祭日

平成30年9月より新しいホームページへリニューアル致しました。

腰痛専門サロンたなはら 新HP

実際の施術とお客様の声を紹介

デスクワークにより、首こり・肩こり・腰痛を抱え、年々痛みが増してきている30代男性Mさん

更新日:

Mさんは、首と肩、腰に慢性的で強い痛み症状を抱えている30代の男性です。

ネット検索で、

腰痛 沖縄

と検索し、沖縄県の腰痛を専門に扱う整体を探していた時に、

【腰痛専門サロンたなはら】の公式サイトを見つけたのが当サロンを知ったきっかけで、

施術メニューにお試しコースとあったので、「まずは受けてみたい!」と申し込んでくれました。

お試しコースの1回だけでも十分な改善を実感する事ができたという事で、1ヶ月プログラムへの進行を希望して頂きました。

ここからは、Mさんの1ヶ月プログラムの経過を一部紹介させて頂きます。

 

デスクワークにより、首こり・肩こり・腰痛に悩んできた人必見です。

まずは、Mさんの施術初期の状態から説明していきます。

Mさんは、仕事内容として、パソコン作業・デスクワークなどが多く、作業が長時間に及ぶと、首・肩の症状が強くなるとの事でした。

また、朝起きた時にも、強い痛みを感じているようです。

立ち仕事の割合は多くはありませんが、それでも立つ時間が長くなると腰痛まで強くなるようです。

また、治療歴は4年となっており、かなり治療歴の長い方です。ただ、治療歴が長いにも関わらず、改善がみられないどころか、年々、症状が強くなってきていると話し、「今後も悪化していくのでは?」と悩んでいるようでした。

「今(会話中)も痛む」と話す首の症状は、普段でも常にハリ感を感じていて、首を前に曲げる(下を向く)動きや、横に倒す動きで、痛みが出ていました。

ちなみに、これまで行ってきた治療としては、治療院にてセラピストによる指圧マッサージが中心だったとの事です。

最初は軽いマッサージで効いてた感じもあったけど、いつの間にか、首・肩の特に痛む場所周辺を強く押して、あえて痛みを起こすような強い治療を行わないと、まったく効いている感じがしないと話しました。

ただ、強い指圧刺激を受けた直後は少し楽になっている感じがするけど、しばらくしたらまたツラくなってくる状態で、効果はほんの一時期的だったそうです。

たなはら
デスクワークやパソコン作業が多いために、腰痛、首・肩こりに悩まされている方にとって、非常に参考になる治療経過となっています。

また、長い間、リハビリや治療院に通っているのに改善していかないという人にとっても、治療院選びの参考になるかと思います。

 

初回時の質問票

初回時に全てのお客様にご回答頂く質問票となっています。

どこが痛みますか? 首、肩、こし (記入図
痛み以外で気になる事があれば、事前に教えて下さい。  常時くびのハリがある
日常生活上で特に痛みが気になる動作・姿勢を教えて下さい。  首をまげる動き
この質問票への回答中も痛みが出ていますか?  はい
痛みが最も強くなるタイミング・きっかけがあれば教えて下さい。  朝(寝起き)
痛くなり出したのはここ最近ですか? いいえ
今の痛みで、病院・治療院などへの通院歴はありますか?  はい

実際の記入図▽

質問票に回答頂いた内容をもとに、より詳しく、現在の状態やこれまでの経過についてお聞きしていきます。

たなはら
質問票の質問項目は、ほんのわずかで、1〜2分でご記入頂けます。また、完璧に記載しなければいけないわけではなく、書ける箇所のみの記入でOKです。

冒頭でMさんの状況について説明した内容が、この質問票をもとに、現在の状態やこれまでの経過について聴取した内容の一部となっています。

 

どのように施術を進めていくか?

まず、現在の症状や、これまでの経過をお聞きした上で、問題が改善していかない理由を考えます。

Mさんの場合、仕事内容(デスクワーク)が首や腰の症状に負担をかけている事は間違いなさそうでした。

この症状に対して、今行っている治療は、痛い場所への強い指圧刺激です。

専門家の立場から考えると、それなりに強度のある施術を行っても改善がなかったり、一時的な効果しかない場合は、「そこが痛みの原因では無いのでは?」と考えます。

他の治療院での施術の様子を見る事はできませんが、

専門家がその部分に長い時間をかけて強い施術を行ってきたはずなのに、どんどん悪くなっていっている

という事実に目を背ける事はできません。

つまり、当サロンで施術を進めていくにあたり、痛み症状が出ている場所以外のところ(これまで積極的に治療を行ってきていない箇所)に根本的な問題が隠れている可能性が大きいと考えて施術を進めていく事になりました。

それと同時に、Mさんには、強い指圧刺激で痛みを誤魔化すような治療は一旦ストップする事を提案しました。もちろん、当サロンの施術においても、痛いところを強く押して誤魔化すような施術はしない事も説明しました。

たなはら

痛いから強く押す。→ 効果は一時的(長期的には悪化) → 前より痛いから、もっと強く押す。

これは、強い指圧刺激治療の典型的な悪循環のパターンです。これを続けても根本原因の解決には繋がりません。

最初は、痛む部位をほぐすだけのマッサージでも問題はありませんが、しっかりとケアしているのに、それでも悪化していく場合は、違うところに問題があるのでは?と考えなければいけないという事です。

 

これまでの治療方法の良し悪しはどのように判断したのか?

これまで行ってきた施術が強いか・弱いか確認するには、実際に治療・施術を受けてきたご本人にお聞きするしかありません。

今後も、これまでに行ってきた方法を継続すべきか、中止すべきかの判断も、ご本人にお聞きした情報をもとに決めていきます。

 

Mさんの場合は、実際に痛むとおっしゃる首や肩、腰周辺の押すと痛むツボのようなところを探し、そこを押してみて、以下のように確認をとっていきました。

たなはら
「ここは、これまで(他の治療院で)の治療時にも、押されたり、マッサージはされましたか?」
はい、いつもその辺りを強く押してもらっています。
たなはら
では、今押されている強さと比較すると、強さはどれくらいの強さですか?
もっと、もっと強いです。今の押し方では、弱すぎて全然効いている感じはしません。

私が押した強さは、一般的な優しいマッサージ刺激の強さと同じか、やや強い程度の強さで押したのですが、これまでの指圧刺激と比較すると全く比べ物にならないくらい弱かったそうです。

たなはら
指圧刺激中は、息が止まって、顔を歪めるほど、強く押している感じですか?
そうですね。結構強く押してもらっています。

Mさんとのやりとりは、このようにして、これまでの治療がどのような感じで進められてきたのかを確認させて頂きました。

もし、他治療院などに通われている方の場合であれば、このような流れでこれまでの治療内容を確認すると思って頂いて結構です。

今回のやりとりを通して、これまでの施術がMさんにとって良い方法(今後も継続すべき方法)ではない事を伝えました。

 

痛い場所に問題がない場合は歪みをみていきます。

痛い場所が問題の場合の多くは、いわゆる怪我です。

足首を捻挫した場合、足首が痛くて、問題も足首にあります。

足首の怪我が治るようにと、安静にしておくと、足首の痛みも改善していきます。

 

しかし、痛い場所に問題がない場合、そこを休めても症状の改善はみられません。

つまり、肩が痛くて、肩に原因がある場合は、肩のマッサージで改善しますが、

肩が痛いにも関わらず、肩に原因がない場合は、いくら肩をマッサージしても改善はしません。

(つまり、これまでのMさんの治療経過であり、慢性的な症状を抱える人の多くにみられます。)

 

すでにケアしてきたのに、改善がみられない場合の多くは、身体のどこかに隠れた歪みが、症状を引き起こしている可能性を考えなければいけません。

つまり、原因は痛い場所ではなく、そこ以外の場所にあると考えます。

今回のケースでは、痛い場所へ悪い影響を与えている原因が、いわゆる歪みにあると考えて施術を進めていく事になりました。

 

歪みを探す場合、すぐにマッサージや温熱・電気などは行いません。

まずは、肩の動きや股関節の動きをチェックしながら、歪みを細かくみていく事になります。

すぐに、施術を行う(歪みチェックを行う前に、温めたり、電気治療をしたり、マッサージ等を行う)と、かえって歪みの存在を探せなくなってしまいます。

歪みのチェック方法については、他のページで紹介していますので、ここでは歪みチェック方法の説明については割愛させて頂き、Mさんの歪みの状態だけを掲載させて頂きます。

結果から言うと、身体の左右バランスと、前後バランスに歪みがありました。

前後バランスの歪みは、いわゆる「猫背」と呼ばれる背中が丸まったような姿勢となっていました。

左右バランスの歪みについては以下の通りです。当サロンのパンフレットや、当サイト内で紹介している歪みタイプのBタイプとなっています。▽

少し難しいと感じる方もいると思いますが、簡単な言い方をすると、右にも左にも関節の動きの固さが出現していて、歪みが両側に及んでいる状態と言えます。

歪みが取り除かれていくと、左右の肩や股関節の固さがとれていき、ほとんど左右差を感じない程度にまで改善されていく事になります。

 

主な施術方法・内容について

歪みの状態が分かれば、施術を行いながら、実際に改善する反応が出るかをみていく事になります。

歪みがとれていくと、本人も「動きやすくなった」「症状が改善している」という感覚を持つ事ができます。これが改善する反応です。

Mさんの場合は、実際の施術時に「首の痛み・はり感が軽くなっている」という反応が出ていました。

 

筋膜の歪みの多くは、ある関節や筋肉を中心にそこに引き寄せられるように歪んでいきます。

当サロンのお客様に、「筋膜の歪みをイメージしやすいように」と制作したイラストが以下のものになります。

詳しくは、解説記事(筋膜に歪みが起こると離れた部位に痛みが出る)を読んでほしいのですが、

筋膜が硬くなり(青色部分)、そこに引き寄せられられ(黄色矢印)、その影響により痛みが起こる(赤色部分)。

という事を図を見ながらイメージしてみて下さい。

 

 

「ボディースーツの一部分が、硬くなって、突っ張った状態が起きている」と考えると、よりイメージしやすいかと思います。

 

このボディースーツが、人間の体を覆う筋膜となります。

そして、筋膜は、多くの場合で硬いところではなく、引き寄せられているところの先が痛む事になります。

Mさんの場合は、首や肩が引き寄せられていたところというわけです。

 

施術は、

① 引き寄せられている歪み・捻れを戻してあげる事(赤矢印の方向への筋膜をストレッチする施術)と、

② 硬くなってしまっている部分を取り除いていく事(青色部分への適度な強さの指圧マッサージ)です。

図を見ただけでは、どのような施術内容か分かりにくいと思いますが、右の脇腹と右腕が施術の中心箇所となっています。

用いる専門技術としては、筋膜リリースやトリガーポイント、筋膜マニピュレーションという専門技術です。

腰や首、肩を指圧刺激するような事は、一切行っておらず、

歪みを修正するように施術を行った結果、首や肩の凝りやハリはその場でとれて、首を動かした時の痛み症状も改善しています。

 

これからの方向性は?

歪みが隠れている事が分かり、この歪みを修正させると症状が改善する事が分かりました。

ここまで分かれば、今後の流れとしては、良い反応を示す施術方法については継続し、身体が回復するのを待ってあげるという事になります。

痛めかたにもよりますが、医学的には、傷ついた組織が修復されるまでには2週間程度はかかるものと考えられています。

歪みによって痛め続けられてきた肩・首は、根本原因である歪みをとって良い状態を作り上げた時点が、回復へのスタートラインに立った状態と考える事ができ、

この状態を保つ事により、2週間ほどで回復していくものと考える事ができます。ただし、2週間目を界に急に回復を示すわけではなく、徐々に回復している事を実感する事ができるはずです。

施術の経過から、「体のどこに根本原因が隠れていて、どこをどのような状態に変化させるべきか?」が分かっているので、もしご自身でも実践できるようになると、自宅で自分の症状をケアできるようになります。

つまり、その人の状態に合わせた、本当に効果を実感できるホームエクササイズに取り組んで頂きます。

たなはら
自分でケアできるようになると、ほとんどの人が、ちょっとした痛みを恐れなくなり、とても明るい表情をするようになります。長い間、痛みに苦しめられてきた人ほど、この変化が顕著に現れます。

当サロンでは、効果が分からない単調なトレーニングではなく、改善に直結する適切なホームエクササイズをご提供致します。

また、生活パターンや仕事内容を把握した上で、取り入れやすいホームエクササイズに絞り込んでお伝えしています。

Mさんの場合は、デスクワークが多いので、座ったままでできる腕のストレッチ方法と、仕事の途中で休憩を挟む時に3分くらいで行える運動方法(トレーニング)をお伝えし、一人でもできるように一緒に練習も行なっていきました。

施術により、改善を実感したからと言って、これはゴールではありません。

大切な事は、
「良い状態が長く続く事」です。

そのためには、体の負担が強くなったとしても、その都度、適切なケアが自分でも出来る事が重要です。
当サロンでは、通い続けるのではなく、もう通わなくて良い状態を目指し、
良い状態が長く続くように徹底サポート致します。

 

慢性腰痛、身体の不調にお悩みの方はご相談ください!

当サロンでは、お一人お一人の歪みの状態を丁寧にチェックし、根本原因に対してアプローチします。考えられる身体の問題点についても丁寧にご説明し、自主トレ方法の指導まで行います。どこに行っても良くならないと腰痛症状にお悩みの方は当サロンにご相談下さい。

 

 

 

毎月2名限定の無料キャンペーンもあります。


※ キャンペーン適応には一定の条件がございます。キャンペーンを希望される方は必ず事前のご確認をお願い致します。

 

 

痛みは死よりも恐ろしい

身体の痛みは、本人にしか分かりません。
もし、医師から「特に異常はありません。」と言われれば、家族や周囲の人々に、この苦しみを理解はしてもらう事は難しく、この苦しみと独りで戦い続けなければなりません。

もし症状が長引けば、徐々に「痛み」に生活が支配されはじめ、少し良くなったとしても今度は「再発」という不安が襲ってきます。

痛みによって何かを諦めたり、過度に外出を恐るようになったり、
中には、慢性的な痛みによって生きる事を諦めてしまった方もいます。
「痛みは死より恐ろしい。」という言葉は、痛みによる苦しみを妙実に表しています。

腰痛専門サロンたなはらは、痛みによる苦しみを抱える方々の力になりたいと考えています。

当サロンは、どのような身体の不調でも治す事ができる施設ではなく、医療機関でもありません。
しかし、痛み治療に長年携わってきた理学療法士として、今も苦しんでいる方々の人生が変わるきっかけとなれるよう、全力で施術にあたらせて頂いています。

当サロンの紹介と代表あいさつ

平成30年9月より新しいホームページへリニューアル致しました。

腰痛専門サロンたなはら 新HP

-実際の施術とお客様の声を紹介

Copyright© 沖縄の腰痛専門整体【腰痛専門サロンたなはら】 , 2018 All Rights Reserved.