縫工筋 (sartorius muscle)

%e7%b8%ab%e5%b7%a5%e7%ad%8b%e4%b8%ad
%e7%b8%ab%e5%b7%a5%e7%ad%8b%e5%b7%a6

縫工筋 (ほうこうきん、sartorius muscle)

起始
上前腸骨棘
停止
脛骨粗面内側
支配神経
(髄節)
大腿神経
(L2~L3)
解剖学的特徴
長い帯状の筋。斜め下内側後方に向かう。大腿骨内側上顆の後ろを回り扁平な腱となる。

縫工筋の停止部では、薄筋、半腱様筋とともに鵞足を形成している。鵞足を構成する3つの筋肉のなかで、縫工筋はより遠位まで筋線維が存在している。

縫工筋はスカルパ三角を形成する筋肉でもある。

作用・
機能的特徴
股関節の屈曲と外転と外旋
膝関節の屈曲と内旋

スポーツ動作のなかで、kenn-in(二―イン)アライメントが要求される動作で重要な筋となる。また、あぐらの肢位は縫工筋固有の作用による。

筋力低下
-
機能異常・
関連痛パターン
F1
F2
臨床知識
薄筋、半腱様筋とともに鵞足を形成する。
G2

 

筋の走行図と周辺解剖

縫工筋の周辺解剖

引用:
プロメティウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系 第2版
アナトミートレイン-徒手運動療法のための筋筋膜経線 第2版/医学書院 板場英行(訳)、石井慎一朗(訳)

個別伸張法(IDストレッチング)
縫工筋のIDストレッチング

縫工筋のIDストレッチング

開始肢位
背臥位.片側上肢を挙上し,反対側下肢を立て骨盤を後傾.片側下肢をベッド端から下ろし股関節を伸展外転位.

PT位置
片側上肢で大腿遠位部を把持し,肘関節で骨盤の回旋を防ぐ.反対側上肢で下腿遠位部を把持.

伸張法
膝関節を屈曲位に維持したまま,股関節を最大内旋・伸展.

引用:IDストレッチング(三輪書店/2006/3/1) 平野 幸伸(著), 鈴木 敏和(著), 鈴木 重行(編集)

 

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.