梨状筋(Piriformis muscle)

梨状筋 正面
梨状筋 横

梨状筋(りじょうきん、Piriformis muscle)

起始
仙骨前面、腸骨大坐骨切痕
停止
大腿骨転子窩
支配神経
(髄節)
仙骨神経叢
(S1~S2)
解剖学的特徴
深層外旋六筋を構成する。

梨状筋が大坐骨孔を通過するところでは、梨状筋上孔と梨状筋下孔が形成される。
梨状筋上孔を上殿神経と上殿動脈・静脈が通過し、梨状筋下孔は坐骨神経、下殿神経、下殿動脈・静脈が通過する。

梨状筋と中殿筋は癒合していることもまれではない。

作用・
機能的特徴
股関節の外旋

梨状筋をはじめとする回旋筋群の主な働きは股関節の外旋である。それに加え、梨状筋には股関節の外転作用がある。深層外旋六筋は肩関節でいう腱板と同じように、腸骨大腿靭帯などと協力して骨頭を支持し、骨頭の安定化に関与していると考えられている。

筋力低下
-
機能異常・
関連痛パターン
-
臨床知識
梨状筋症候群、変形性股関節症、大腿骨頸部骨折などと関連のある筋肉。

梨状筋下孔を通過する坐骨神経は梨状筋部において絞扼を受けやすい。この解剖学的関係により生じる坐骨神経障害は梨状筋症候群と呼ばれるものである。主な鑑別疾患として腰部椎間板ヘルニアがある。。

 

筋の走行図と周辺解剖

外骨盤筋群水平に走る筋群(梨状筋、双子筋、大腿方形筋)

引用:
プロメティウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系 第2版
アナトミートレイン-徒手運動療法のための筋筋膜経線 第2版/医学書院 板場英行(訳)、石井慎一朗(訳)

個別伸張法(IDストレッチング)
梨状筋のIDストレッチング

深層外旋六筋のIDストレッチング

開始肢位
背臥位.両上肢でベッド端を把持させる.膝を立て,反対側下肢を上に組み右股関節を内転.

PT位置
片側上肢で大腿遠位部外側を,反対側上肢で下腿遠位部内側を把持.

伸張法
股関節を徐々に屈曲させながら,内転・内旋させる.

 

梨状筋のIDストレッチング

梨状筋のIDストレッチング

開始肢位
腹臥位.両上肢を挙上.片側膝関節を90°屈曲.股関節内転・内旋位.

PT位置
足部に向かって坐る.片側上肢で大腿遠位部を、反対側上肢で下腿遠位部内側を把持.肘関節で反対側殿部を固定.

伸張法
股関節を内旋させる.

引用:IDストレッチング(三輪書店/2006/3/1) 平野 幸伸(著), 鈴木 敏和(著), 鈴木 重行(編集)

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.