半膜様筋(Semimembranosus muscle)

半膜様筋 正面
半膜様筋 左から

半膜様筋(はんまくようきん、Semimembranosus muscle)

起始
坐骨結節
停止
脛骨内側顆、斜膝窩靭帯
支配神経
(髄節)
脛骨神経
(L4~L2)
解剖学的特徴
近位1/2が広い腱膜で構成され半腱様筋の深層に位置する。

半膜様筋の遠位の1/2は比較的肉厚の厚い扁平な筋腹で構成されている。腱成分は非常に少ない。

作用・
機能的特徴
股関節の伸展
膝関節の屈曲、内旋股関節の内転にも補助的に作用する。内旋作用は「半腱様筋>半膜様筋」の順になっている。半膜様筋は膝関節屈曲時の内側半月板や後方関節包の挟み込みを防止し、円滑な屈曲運動を誘導している。
筋力低下
-
機能異常・
関連痛パターン
-
-
臨床知識
膝の半月板損傷などと関連のある筋肉。
-

 

筋の走行図と周辺解剖
半膜様筋の筋走行

大腿後方の筋群 膝関節の屈筋群

筋膜連鎖、アナトミートレイン(筋筋膜連鎖)
半膜様筋と関連する筋膜連鎖

半膜様筋(ハムストリングス)は、スーパーフィシャル・バック・ライン(SBL)を形成する。

引用:
プロメティウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系 第2版
アナトミートレイン-徒手運動療法のための筋筋膜経線 第2版/医学書院 板場英行(訳)、石井慎一朗(訳)

個別伸張法(IDストレッチング)
半膜様筋(半腱様筋)のIDストレッチング

半膜様筋、半腱様筋のIDストレッチング
※ 半腱様筋と半膜様筋は分離せずに伸張する。

開始肢位
背臥位.片側股関節は屈曲・内転・内旋位,膝関節は軽度屈曲位.

PT位置
片側上肢で大腿遠位部外側面を,反対側上肢で,下腿遠位後面を把持.

伸張法
股関節内転・内旋位を保持したまま,膝関節を伸展しながら,踵を体幹長軸方向と垂直に引き上げる.股関節の屈曲角が増すと,起始部~筋腹が伸張.

引用:IDストレッチング(三輪書店/2006/3/1) 平野 幸伸(著), 鈴木 敏和(著), 鈴木 重行(編集)

 

スポンサーリンク

最新版 リハビリ転職サイト ランキング

失敗しないリハビリ転職サイトランキング

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.