中殿筋(Gluteus medius muscle)

中殿筋 正面
中殿筋 横 右

中殿筋(ちゅうでんきん、Gluteus medius muscle)

起始
腸骨後面(前殿筋線と後殿筋線の間)
停止
大転子外側面
支配神経
(髄節)
上殿神経
(L4~S1)
解剖学的特徴
中殿筋は全額面でみると、すべての線維が大腿骨頭の外側に位置するが、矢状面でみると大腿骨頭を覆っている。(機能面からみると軸より前方か後方かで前方線維と後方線維に分ける事ができる。※ 作用・機能的特徴を参照)
作用・
機能的特徴
股関節の外転、内旋

立位の状態(大腿骨が固定されたCKCの状態)では、中殿筋・小殿筋は骨盤を外下方へ引きつけ、骨盤を水平位に保つ機能を有する。

中殿筋の前方線維は股関節の外転以外に屈曲と内旋作用を、後方線維は股関節の外転以外に伸展と外旋作用を有している。

筋力低下
中殿筋の筋力低下でトレンデレンブルグ歩行に、著しい低下でデュシェンヌ歩行となる。

また、片脚立位の際の骨盤の水平位の保持に中殿筋の筋力が重要で、体重による下肢挙上側(遊脚側)の骨盤の沈下を中殿筋が働くことで制動している。

機能異常・
関連痛パターン
-
-
臨床知識
変形性股関節症、大腿骨頸部骨折、大腿骨転子部骨折、中殿筋麻痺、先天性股関節脱臼、大腿切断、デュシェンヌ型筋ジストロフィー症などと関連のある筋肉。

 

筋の走行図と周辺解剖

外骨盤筋群 大殿筋や中殿筋など垂直に走る殿部の筋群

引用:
プロメティウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系 第2版
アナトミートレイン-徒手運動療法のための筋筋膜経線 第2版/医学書院 板場英行(訳)、石井慎一朗(訳)

個別伸張法(IDストレッチング)
中殿筋の前部線維のIDストレッチング

中殿筋 前部線維

開始肢位
背臥位.反対側上肢を挙上.片側下肢を立てた状態で反対側下肢を組み,右股関節を内転.

PT位置
片側上肢で上前腸骨棘を,反対側上肢で膝関節を把持.

伸張法
反対側上肢で股関節を軽度屈曲して持ち上げ,骨盤の回旋を防ぎながら,股関節内転を行う.

中殿筋の後部線維のIDストレッチング

中殿筋 後部線維

開始肢位
背臥位.反対側上肢を挙上.股関節屈曲内転内旋,膝関節屈曲位.

PT位置
両手で膝を把持.

伸張法
両手で大腿骨を長軸方向に牽引後,片側上肢で上前腸骨棘を把持.反対側上肢で股関節内転方向に押し込む.

引用:IDストレッチング(三輪書店/2006/3/1) 平野 幸伸(著), 鈴木 敏和(著), 鈴木 重行(編集)

 

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.