上双子筋(Gemellus superior muscle)

上双子筋 正面
上双子筋 右

上双子筋(じょうそうしきん、Gemellus superior muscle)

起始
坐骨棘、小坐骨切痕
停止
大腿骨転子窩
支配神経
(髄節)
仙骨神経叢
(L4~S1)
解剖学的特徴
上双子筋と下双子筋は間に内閉鎖筋を挟みながら走行する。
作用・
機能的特徴
股関節の外旋

梨状筋をはじめとする回旋筋群の主な働きは股関節の外旋である。

筋力低下
-
機能異常・
関連痛パターン
-
-
臨床知識
※ 梨状筋の項で、関連する疾患や、機能に関して詳細に説明しているのでそちらを参考にして下さい。

 

筋の走行図と周辺解剖

外骨盤筋群水平に走る筋群(梨状筋、双子筋、大腿方形筋)

引用:
プロメティウス解剖学アトラス解剖学総論/運動器系 第2版
アナトミートレイン-徒手運動療法のための筋筋膜経線 第2版/医学書院 板場英行(訳)、石井慎一朗(訳)

スポンサーリンク

最新版 リハビリ転職サイト ランキング

失敗しないリハビリ転職サイトランキング

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.