ブログ報告

【ご報告】rehatora.netさんに紹介されました。

更新日:

image

報告関連の記事はまだ少し先の予定でしたが、このブログに関する事で動きがあり、お礼をしたいという思いがあった為、本ブログの主要テーマであるクリニカルリーズニングや痛み治療におけるコミュニケーションに関する事以外を記事にしたいと思います。

 



本ブログが、リハビリ関連で理学療法士の方が運営しているブログにお薦めブログの一つとして紹介されました。

「rehatora.net」というサイト名で中尾さんという理学療法士の方が運営している本格的なブログサイトです。

「rehatora.net」は、当ブログとは違い、リハビリ関連の事を広く扱っているようです。また、プロブロガーを目指しているとありますが、もうプロの領域ぢゃないの?という内容です。(画像にリンクを挿入していますので、もし宜しければどうぞ。)

image

文章も非常に読みやすく、介護保険関連の事から、学生向けに発信した記事、実際の臨床場面で使えそうなリハビリの技術に関する事、また私のようにブログを運営する側から参考になる事など、本当に幅が広いです。それでいて、記事の一つ一つが丁寧に作られていて、長い文章を読んでいてもストレスを感じません。内容と読みやすさが共存しています(悲しいですが私のブログとは大違いです。)。

1日のアクセス数も非常に多いようで、まさに実力派という感じです。「rehatora.net」経由以外で本ブログに来られた方は一度、覗いてみてもいいかもしれません。きっと有益な情報が沢山あると思います。


rehatora.netの記事、「理学療法士が運営するブログ」経由で来られた方々へ

その紹介記事以降、そちらのサイトを経由して来られる方がおられるようです(誰かを特定する事はできませんが、どう訪れたかはブログ運営側に記録として残ります)。

紹介記事をご覧になって「たなはらの勉強部屋」を訪れる方がいるという事で、少々、本ブログに関するご説明をさせて頂きたいと思います。

対象者を限定しているわけではありませんが、現時点で作成した記事を見返してみると、

  • 運動器疾患や、痛みの治療に関わるセラピスト
  • 徒手療法を学んでいるが臨床で上手く使えていないと思う方
  • 勉強している事が臨床では当てはまらないと悩んでいる方
  • 技術も重要だが、何よりコミュニケーションや考え方が重要なのでは?と感じている方

という方々が対象になるのではないかと思います。徒手療法という言葉が多く出てきますが、テクニックを伝える事よりも問題をどう解決していくかといった考え方を伝える内容になっていると思います。

特定の学派やテクニックを推奨したり、非難する気は一切ありません。

「たなはらの勉強部屋」は、私が元実習生や後輩らに、指導やアドバイスを送ってきた事を、後で思い出してもらえるようにという気持ちで書いています。

また、理学療法や徒手療法関連で熱い話しになる同期や近い先輩・後輩に対して話す内容も含めて書いています。

その方々に、サイト名で検索して訪れて頂いているので閲覧者のほとんどが、私が顔を知っている相手という事になります。閉鎖的に運営するつもりはありませんが、私のブログ運営者としての力不足で結果的に閉鎖的にはなっていると思います。

内容は、現時点では「私が重要だと思うクリニカルリーズニング関連の事」として、臨床場面を想定しながら、シリーズ化できるように各記事間に繋がりを持たせて書いています。

クリニカルリーズニングシリーズ1「治療を停滞させない為に (まとめ)
クリニカルリーズニングシリーズ2「代表的な4つの推論様式

今後、もう少し広く世の中の理学療法士さん、治療家の皆さんにも知ってもらえたらなと思っている矢先のブログの紹介記事でしたので、紹介されている事に気付いた時にはとても驚いたと同時に非常に嬉しかったです。

その記事経由で来られた方は、私とは直接の関わりはない方々だと思いますが、もし記事をご覧になられた方が居ましたら、これからも「たなはらの勉強部屋」を宜しくお願いします。

中尾さんに直接お礼を言えていませんので、本ブログ上でお礼を言わせて頂きます。本当に有難うございました。多くの方に読んで頂けるように、そして紹介されるに値するように、しっかりと地道に(自分のペースで)更新していきたいと思います。


もちろん私の友人の皆様にも感謝しています。

私の友人への「たなはらの勉強部屋で検索してみて!」というお願いに快く対応して頂いた皆様にも大変感謝しています。中には、「ホーム画面にbookmarkしているよ。」や、「時々、覗いているよ。」と連絡をくれる方もいまして、とても嬉しかったです。

元実習生のみなさんも、それぞれの場所で頑張っておられるようで、とても嬉しく思います。今後も一緒に勉強してきた事を忘れないように(このブログのヘビーユーザーになって)、それぞれの場所で活躍して下さい。

ようすけ君さん、石原さん、伊波さんからの投稿記事に寄せられたコメントもとても嬉しかったです。ありがとうございました。

また、ある友人からは、アメリカの友達にも紹介したと聞きました(その方なのかは特定不能です)が、確かにアメリカから時々アクセスがあります。オール日本語で、さらに日本人でさえ読みにくい文章なのに読めるのだろうかという一抹の不安が残ります。それにしても、インターネットを利用すれば、誰でも簡単に外国へも情報発信ができるなんて本当に恐ろしい世の中です。


最後に

前回からの、報告記事からブログそのものは大きな変わりはなく進行していますが、早くお礼を伝えたいと思い記事にしました。

もちろん、当初から閲覧して頂いている方、そして周りの友人に紹介してくれた方にも感謝しています。開設当初より着実にアクセス数が増えてきていますので、すべてサポート頂いた皆様のおかげです。

本ブログをサポートして頂いているみなさま、本当に有難うございました。今後も、多くの方々に継続して読んで頂けるように頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク


-ブログ報告

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.