ようこそ、理学療法士 勉強ブログ たなはらの勉強部屋へ!

理学療法士勉強ブログ「たなはらの勉強部屋」

現在、理学療法士・作業療法士やその学生に向けた以下のコンテンツが完成しています。

  • クリニカルリーズニングシリーズ
  • シリーズ増刊号
  • 実習関連シリーズ
  • クリニカルリーズニングに関する用語集

reasoning2

  • シリーズ2「代表的な4つの推論様式」

徒手療法を用いて治療を進めていく際に、臨床でぶつかる問題に対して、どのように判断の糸口を掴むかという事が重要になります。

理学療法士が適切な判断を行う為の、推論様式には代表的な4つの推論方法があり、それらについてを具体例を挙げながら解説しています。


クリニカルリーズニングシリーズ3

  • シリーズ3「初回での問診」

徒手療法を用いて治療を進めていく前の、初回面接・問診時で注意するべき事や、問診を効率良く進行するためのポイントなどを解説しています。

また問診技術を向上させるための取り組み方についても解説しています。



クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定

  • シリーズ5「徒手療法におけるゴール設定」

徒手療法が用いられる場面は、ほとんどの場合において、痛みを治療対象としていると考えられます。

その際、治療者の関わり方によって、患者を精神的に不健康に陥らせてしまう危険性があると思っています。それを回避するためのゴール設定のポイントを記事にしています。


クリニカルリーズニングシリーズ6

  • シリーズ6「セルフエクササイズと、その移行方法について」

患者の抱える痛みを理学療法士の手によって改善させれたとしても、痛みがいつ復帰するかはわかりません。自己対処法を獲得せずに治療関係を終結させてしまうと、それからの生活は常に「いつか痛みが戻るのではないか?」という不安を抱えかねません。患者を治療者に依存的にさせない為にも、治療がある程度進行してくるとセルフエクササイズに少しずつ移行する必要があると思っています。セルフエクササイズの重要性や、移行方法について記事にしています。


クリニカルリーズニングシリーズ7

  • シリーズ7「ナラティブリーズニング」

ナラティブリーズニングは、「人をみる」という事に関するリーズニングプロセスを指します。ダイアグノシスリーズニングと協働関係にあり、互いを補うような関係にあります。クリニカルリーズニングの1つの構成要素とされながらも、このナラティブリーズニングについて解説するテキストは少なく、マニュアルセラピーのテキストなどでも詳しく解説されている事はありません。このナラティブについて、不十分な事は承知の上で、私自身が取り組んでいる痛み治療場面での「ナラティブ」を解説しています。


クリニカルリーズニングシリーズ8

  • シリーズ8「診断学とエビデンス」

「なぜ療法士も診断に関する事について学ばなければいけないのか」についてや、療法士が知っておくべき「診断」に関する知識や考え方についてを解説しています。検査の感度や特異度、腰痛の診断に関するエビデンスなどを紹介しています。


シリーズ増刊号2015シングルケース研究法

  • 2015増刊号「シングルケース研究法」

理学療法士が痛みの治療を行う実際の臨床場面に用い易いとされているシングルケース研究法についてを、実際の研究も紹介しながら、メリット・デメリットなどについても解説しています。
このシリーズはクリニカルリーズニングシリーズとして並行して作成されたシリーズとなっています。


クリニカルリーズニングシリーズ2016増刊号「非特異的腰痛と徒手療法と臨床推論」.png

  • 2016増刊号「非特異的腰痛と徒手療法と臨床推論-運動器フォーラム2016-」

運動器フォーラム2016の2つ目の演題、「非特異的腰痛と徒手療法と臨床推論」で使用されたスライドと、その時に説明を行った内容についてをブログ用に書き起こしたものです。また、読み返しながら、追記した方が良いなと感じた部分には、発表時に話していない内容も載せています。




cropped-IMG_2851.jpg

理学療法士勉強ブログにはじめて訪れる方々へ

紹介記事、もしくはYahoo!やgoogleで、たまたま検索に引っ掛かり「たなはらの勉強部屋」を訪れる方々へ、少々当ブログサイトに関するご説明をさせて頂きたいと思います。

対象者を限定しているわけではありませんが、現時点で作成した記事を見返してみると、

  • 運動器疾患や、痛みの治療に関わるセラピスト
  • 徒手療法を学んでいるが臨床で上手く使えていないと思う方
  • 勉強している事が臨床では当てはまらないと悩んでいる方
  • 技術も重要だが、何よりコミュニケーションや考え方などが重要なのでは?と感じている方

という方々が対象になるのではないかと思います。徒手療法という言葉が多く出てきますが、テクニックを伝える事よりも問題をどう解決していくかといった考え方を伝える内容になっていると思います。

特定の学派やテクニックを推奨したり、非難する気は一切ありません。

「たなはらの勉強部屋」は、私が元実習生や後輩らに、指導やアドバイスを送ってきた事を、後で思い出してもらえるようにという気持ちで書いています。

また、理学療法や徒手療法関連で熱い話しになる同期や近い先輩・後輩に対して話す内容も含めて書いています。

内容は、現時点では「私が重要だと思うクリニカルリーズニング関連の事」として、臨床場面を想定しながら、シリーズ化できるように各記事間に繋がりを持たせて書いています。

また 、理学療法学生の実習関連に関するシリーズとして、「実習関連シリーズ(検査測定・評価・臨床)」も作成しています。

今後、もう少し広く世の中の理学療法士さん、治療家の皆さんにも知ってもらえたらなと思っています。
紹介記事経由、もしくはYahoo!やgoogleで、たまたま検索に引っ掛かり当ブログサイトへ来られた方は、私とは直接の関わりはない方々だと思いますが、これからも「たなはらの勉強部屋」を宜しくお願いします。

投稿記事「【ご報告】rehatora.netさんに紹介されました。」より一部抜粋・加筆修正


報告関連の記事はこちらから→「報告記事一覧


cropped-IMG_2202.jpg

理学療法や徒手療法(マニュアルセラピー)に関するブログを立ち上げる事になった経緯について

はじめまして。理学療法士の棚原です。たなはらの勉強部屋へようこそお越しくださいました。 今までは、急性期・回復期病院や整形外科クリニック、ペインクリニックなどに勤め、主に疼痛を訴える患者の理学療法を行ってきました。現在も、整形外科クリニックに勤めています。

患者を治療していくなかで、色々と自分なり考えたり、感じたりする事があるのですが、その自分なりの考え方をよくお酒を飲みなが偉そうに話してしまいます。 同じ理学療法士仲間や後輩の理学療法士たちは、興味を持って(きっとそうだと信じたいだけかもしれませんが)聞いてくれるのです。ある時、その仲間から、勉強会などの講師役になってもっと周りに発信したら?と言われた私は、いっきに小さくなり「それはできません。」と丁重にお断りしました。

私は、勉強会などを開いて表で頑張っている先生方のようにはなれません。人前で話すのは気がひけるし、講師役なんて大それた事やるとバチがあたります。 たまたま、以前友人のホームページの製作を手伝った経験があったという事もあり、人前で喋らなくてすむブログという形で発信する方向に逃げてみました。今は、とりあえず復習も兼ねて、このブログで気軽に自分のペースで発信していきたいと考えています。いつまで続くかはわかりませんが、とりあえずやってみます。(ちなみに、その理学療法士の仲間とは、ようすけ君、ともき君、よしかつ君です。名前を伏せてほしい場合はご連絡下さい。)

中心的な内容としては、痛みの治療や、徒手療法(マニュアルセラピー)に関わるセラピストとして、勉強した事や臨床で感じた事、特に治療関係に関わるコミュニケーション法や痛み治療に関わる心理学、問題解決や臨床推論(クリニカルリーズニング)などを復習のつもりでこのブログにアップしていきたいと思います。

最初は、臨床で迷っている理学療法士や治療家の方々の一助になれば幸いと思い、その自分なりに考えていることをブログとして綴ってみようと思っていましたが、ほとんど誰の目にもとまることのないブログだと思いますので、まずは心やさしい理学療法士仲間や後輩、指導してきた学生らに暇な時に覗いて頂いて、「飲んでる時と同じ事言っているな」と思われる程度の事を書いていこうと思っています。

興味のある方は是非覗いて行って下さい。コメントもお待ちしております。過去記事に対するコメントも受け付けています。ただし、このブログで書かれている内容は一個人の臨床的な感覚で書いていく予定ですので、いわゆるエビデンスやガイドラインとは一致しない事やそれらを否定するような内容もあれば良いトコどりで説明している事もあるかと…ですので「ほんまでっか?」程度で受け止めて頂けたら幸いです。

また、ブログでアップしていくというのは私自身では初めての試みで、試験的に行っている部分もありますので、色々な面でアドバイスなど頂けたら大変有り難いです。 このサイトに投稿する記事は、どこからかの記事をパクったり、単なる文献の引用であったりしないオリジナルの記事で、私自身の臨床を表現するような内容にしていきたいと思っています。ですので、独自の言い回しや自分なりの解釈で言葉・専門用語を使う可能性がありますが、その辺はご容赦下さい。

記事の内容は、各投稿記事が関連する内容で仕上げ、一記事あたり3000文字程度(Wordのデフォルト設定で3ページ程度)のものにする予定です。少々長いと思われるかもしれませんが、最後まで読んで頂けると大変ありがたいです。目標としては、1週間に1つ以上の記事を投稿していきたいと思います。では、これから随時アップしていきますので宜しくお願いします。

2015年 10月 1日

理学療法士 棚原孝志

 

棚原孝志(とうま整形外科クリニックPT)

理学療法士の棚原孝志(タナハラコウジ)です。ペインクリニックや整形外科クリニックで勤務してきました。

現在は沖縄県北谷町にある【とうま整形外科クリニック】に勤務しています。脊椎専門医が診療を行う外来のみのクリニックで、腰痛患者(腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症)を中心に脊椎・脊髄疾患患者を多く診ています。

スポンサーリンク

最新版 リハビリ転職サイト ランキング

失敗しないリハビリ転職サイトランキング

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.