SLRテスト(straight leg raising test)

【SLRテストとは?】

SLRテスト(椎間板ヘルニア 感度95%)

下肢伸展挙上検査。腰椎椎間板ヘルニアを抽出するための検査。

 

【検査法】

患者を背臥位にし、患者の下肢を膝伸展位のまま検査者によって挙上させる。痛みが出たところが検査検査の値となる。股関節の屈曲角度を表記する。

感度80~95%とされ、高い確率で椎間板ヘルニアを抽出できる。

SLRテストでは、ハムストリングスも伸展されるため、ブラガードテスト、ラセーグテストなどの所見を加味して解釈する必要がある。

 

【理論的根拠】

坐骨神経とL5,S1,S2レベルの神経根を伸展する。股関節屈曲70°からこれらの神経は完全に伸展するため、それ以降の疼痛とそれ以下の疼痛を分けて考える。

~35°:硬膜外障害

~70°:椎間板病変(椎間板ヘルニアによる神経根圧迫)

~90°:腰椎椎間関節、その他の痛み

スポンサーリンク

投稿日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.