イリタビリティーirritability

【イリタビリティーirritabilitytとは?】

「被刺激性」と訳される。

症状が再現されてから元の状態に戻るまでに要する時間的な程度(誘発した腰痛が消失しに  くいなど)のこと。

【例】

立位姿勢から前屈動作をした時に出現した痛みが、前屈動作を止め、もとの立位姿勢に戻った時にまだ痛みが残っているか、そして、その回復にかかる時間がどの程度か。

刺激が加わった時間よりも回復に時間がかかる場合を「イリタビリティー(+)」とする。

 

【関連記事】

「価値のない悪化」について ~イリタビリティー? センシティビティー?~

 

-徒手療法、クリニカルリーズニングに関する用語集-


クリニカルリーズニングに関する記事です。

クリニカルリーズニング全記事

現在、以下のシリーズが完成しています。
clinical reasoning1reasoning2クリニカルリーズニングシリーズ3シリーズ増刊号2015シングルケース研究法クリニカルリーズニングシリーズ4クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定クリニカルリーズニングシリーズ6クリニカルリーズニングシリーズ7クリニカルリーズニングシリーズ8クリニカルリーズニングシリーズ増刊号2016 非特異的腰痛と徒手療法と臨床推論【運動器フォーラム2016】クリニカルリーズニングシリーズ9クリニカルリーズニングシリーズ10

スポンサーリンク


更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.