ウェルホームドゴール

【ウェルホームドゴールとは?】

「よく形成された目標」と訳される。

心理療法のなかの短期療法(ブリーフセラピー)の1つであるソリューションフォーカスドアプローチ(Solution Focused Approach;解決志向アプローチ)に出てくる言葉。

なお、SFAは、ド・シェイザー、インスー・キム・バーグらによって開発された。

ウェルホームドゴールの特徴としては、

  • 肯定的な表現であること
  • 無理のない目標であること
  • 具体的であること
  • 目標を達成した時のことを実際に自分自身(患者自身)でイメージできること

などが挙げられる。

 

【徒手療法との関わり】

徒手療法とは直接的な繋がりはないが、痛みの治療場面における目標設定を行う際に参考になる為、当サイトで使用しています。

 

【関連記事】

 -徒手療法、クリニカルリーズニングに関する用語集-  

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.