クリニカルリーズニングシリーズ5「徒手療法におけるゴール設定」

クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定

クリニカルリーズニングシリーズ5
「徒手療法におけるゴール設定」

内容
徒手療法を用いて治療にあたる際のゴール設定について書いています。実際の治療場面では、初期評価時に設定されるものがゴール設定ではなく、だいたいの場合において治療の経過を通して少しずつ明確なゴールが設定されます。
ここでは、いくつかの治療場面を想定して解説しています。

 

目次

  1. 「徒手療法におけるゴール設定」 シリーズ5の1作目です。
  2. 早い段階で徒手療法が功を奏した場合のゴール設定
  3. 徒手療法による介入で改善のみられない患者のゴール設定
  4. 再発可能性のある患者のゴール設定と、その取り組み
  5. 徒手療法(マニュアルセラピー)におけるゴール設定まとめ

※ シリーズ中の新しい記事が、画面最上位に表示されています。

カテゴリ一覧

6.向かっている先の道標となるショートゴール

2016/04/14   -ゴール設定

クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定向かっていく大きな方向性(ファイナルゴール)を患者と共有できても、一歩ずつショートゴールを踏んでいかなければ、最終的な帰結であるゴールにはなかなか辿りつけません。

本記事では、全ての疼痛治療場面で共通するショートゴールの立て方や考え方を解説します。

続きを読む


5.徒手療法(マニュアルセラピー)におけるゴール設定まとめ

2016/02/21   -ゴール設定

クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定徒手療法におけるゴール設定というテーマで書いてきましたが、良くなっていく患者に対しては、ほとんどゴール設定の重要性に気付く事なく終了を迎えると思います。

このゴール設定に困るのは、治療に難渋するケースだと思います。この点についてを中心に、シリーズのまとめとして記事を書かせて頂きます。

続きを読む


4.再発可能性のある患者のゴール設定と、その取り組み

2016/02/20   -ゴール設定

クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定本記事は、シリーズ5の4作目の記事です。

治療をすすめていると、
「症状の改善は見られているが、特定の動作・作業をすると再発する・再発の可能性がある
という患者もいます。
こういった場合のゴール設定について解説していきます。

続きを読む


3.徒手療法による介入で改善のみられない患者のゴール設定

2016/02/18   -ゴール設定

クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定前回記事では、ゴールとしているものが実在している事を把握した上での、ゴール設定を解説しました。この場合は、ゴールとしているものが、共通理解にしやすい為、徒手療法による介入の向かっている先がブレる可能性を排除できます。

このブレるというものの代表的なものには、「治すために通院」していたはずなのに、「治療を受けるために通院」するというように患者の治療に対する意識が変化していく事が挙げられます。

治療経過を通して、この問題が起こっている事に気づくのは、治療開始から数回を過ぎて治療開始時期と言えない期間に達している時だと思います。ですので今回の記事は、治療が開始されて中盤を過ぎた時期でのゴール設定とさせて頂きます。

続きを読む


2.早い段階で徒手療法が功を奏した場合のゴール設定

2016/02/14   -ゴール設定

クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定初回の場面はゴール設定というよりは、理学療法士側の考えを伝えると同時に、向かっていく方向性(方針)のような形で「どうなったら治療終結か?」について話し合う事が大事だと書きました。

これが実在するものかは、現時点では不明です。希望的要素が大きく、理学療法士の診立てとして達成可能かどうかはありますが、実在する(つまり実現できる)ゴールであるかはわかりません。

どれだけ丁寧に、「科学的根拠と言われる統計学的な数値」を示しても、常に確率論の話であり、個人個人の患者に当てはめて考えると95%側なのか5%側なのかは結果を持ってしかわかりません。

なので、どれだけ由緒ある学術雑誌に取り上げられた医学論文を提示したとしても、今担当している患者が、その論文通りに治療できるか?同じような経過を歩むか?についてはわからないので、立てたゴールが実在するものかはわかりません。

本記事では、治療の割と早い段階(時間軸で言うと2回目以降の治療から数回程度の時期)で、ゴールと思っていたものが実在する可能性が高まった時の患者とのやりとり(ゴール設定)について解説していきます。

続きを読む


1.「徒手療法におけるゴール設定」 シリーズ5の1作目です。

クリニカルリーズニングシリーズ5徒手療法におけるゴール設定ゴール設定の考え方自体は、徒手療法に限定されるような内容ではないと思いますが、本シリーズでは、主に痛み治療における「徒手療法を用いた介入を想定してのゴール設定」についてを主な内容として解説していきたいと思います。

「徒手療法におけるゴール設定」1作目の記事です。

続きを読む


Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.