マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべて

51IivoxeBpL__SX349_BO1,204,203,200_

マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべて
Mark A.Jones,Darren A.Rivett編著
藤縄理 亀尾徹監訳

徒手療法を学ばれている先生方なら、知っている本だと思いますが、紹介させて頂きます。

クリニカルリーズニングで有名なマークA・ジョーンズの著書です。タイトルに「クリニカルリーズニングのすべて」とありますが、どこまで記せば、すべてと言えるのか私にはまったくわかりません。タイトルに疑問はありますが、読み応えのある一冊です。

徒手療法に関わる世界的なセラピストが1症例ずつ挙げて、そこで起きているセラピストの思考過程が記述されています。

私が知っている範囲では、Dバトラー、トビーハル、ポールホッジス、ダイアン・リー、Dマギー、マックコネル、マッケンジー、ロッカーバード、シャーマン、メイトランド、べルーミング、パリス、カルテンボーン、マークA・ジョーンズなどが執筆しています。他にも、執筆者はいますが私はわかりません。

合計で、23の症例報告と、クリニカルリーズニングに関する総論などで、26章で構成(400ページ以上)されています。

個人的には、第1章「クリニカルリーズニングへの導入」や、第25章「クリニカルリーズニング学習に関する教育論と原理」、第26章「徒手療法におけるクリニカルリーズニング」が好きです。

そこだけを何度も読み返した覚えがあります。本サイトに記載されているような内容も書かれていると思います。(繰り返しになりますが、記事を書くにあたって、書籍を引っ張り出して書いているわけではないので、どの程度書かれているかを言う事は、すみませんができません。)

それぞれの症例報告に関しては、パーっと読んで気になった所だけを詳しく読むような感じで、すべては読めていません。

「クリニカルリーズニングのすべて」をすべて読むのは少々根気が要りますが、思考過程が時系列で記載され解説が加えられているので、ただ方法論を解説するだけの書籍とは違います。買う必要があるかわかりませんが、読んでみる価値はあると思います。

マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべて

単行本: 500ページ
出版社: 協同医書出版社 (2010/5/31)
言語: 日本語
ISBN-10: 476391054X
ISBN-13: 978-4763910547
発売日: 2010/5/31
商品パッケージの寸法: 25.6 x 17.6 x 3 cm

本の紹介として当ページとその他関連ページを作成していますが、個別の本・書籍に対して直接のリンクを設置しない事としました。実際に購入を検討されている方は、お手数ですが、アマゾンで直接検索をお願いします。

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.