個人情報の扱いに関して

当ブログサイトで企画した、ネット版勉強会は、「従来の症例報告会のようなもの」をネット上で行えたら、もっと有意義な意見交換ができるのではないか、という想いと、その想いに賛同してくれた方々の協力をへて、開催に至っています。

症例報告として扱う情報の中には、個人を特定できてしまうような個人情報が入る可能性もありますし、扱い方によっては、関係者に不利益を被ってしまう可能性もあります。

ですので、この点についての、当ブログサイトでの個人情報の扱いについての説明をさせて頂きます。

 

症例の個人情報について

個人を特定できるような情報(名前、年齢、顔の移った写真や動画)の掲載は載せない事としていますが、ここで行おうとしている「臨床の実際を報告する事」に関わる情報(診断名や治療経過)については、個人が特定されないように考慮した上で、掲載しています。

疾患名も、基本的にはどこの病院でも関わるようなもので、ごく一般的な疾患を持つものを対象としています。(もともと、日頃の臨床を表現する場となっていますので、一般的な疾患となっています。)ですので、その病気や治療経過からは個人を特定する事は不可能な情報です。また、直接関係のない情報は掲載していません。

 

患者の同意

症例報告をするにあたって、患者への同意は発表者自身で行って頂いています。

 

ネット上での公開

紙面や、学会発表などで、以前から公開されているものを基準に判断しています。療法士(発表者)の情報については、所属する病院や氏名などは、どのような学術誌でも掲載されていますし、それらは、ネット上で一般公開されています。

また、病院名を出す際に、それを広告として扱っていたり、当サイトの方で、何かしらの利益に繋がるように利用しているものではありません。

学術論文を発表する際には、自身の所属を明確にしなければならず、それに準ずるもので、ネットで公開する症例報告会も同じように扱うべきと考えています。

情報公開をしなければ、匿名での発表という事になり、発表そのもの信憑性が緩いでしまいます。

ですので、発表者に関する最低限の情報は掲載させて頂いています。

 


当ブログサイトでの、個人情報の扱いは、今まで、私が症例報告会や全国学会で発表した時と同じような基準で扱っています。

しかし、個人が運営するブログ上で扱っており、私自身がその領域の専門家ではなく、委員会が存在するわけもありません。個人情報の扱いに関して細心の注意を払っていますが、ここに問題がある場合は、速やかに情報の削除と、今後の企画の見直しを行います。

ブログ上に掲載されている情報で、問題がある箇所を発見した場合は、お手数ですが、お問い合わせフォームよりご指摘頂ければと思います。

スポンサーリンク

更新日:

Copyright© 理学療法士ブログ , 2017 AllRights Reserved.